学科とコース

学科と
コース

2つの学科

法学部は、「法律学科」と「政治学科」の2学科で構成されています。学科によって修得すべき専門科目は異なりますが、どちらの学科に所属しても法律学系、政治学系すべての科目を履修・修得することができます。
また、学科に関わらず卒業時には学士(法学)の学位が授与されます。卒業生は、実業界、法曹界、一般官公庁、教育界をはじめ幅広い業界で活躍しており、それぞれの職域において人物や能力が高く評価されています。

DEPARTMENT

法律学科

法律学科

入学定員520名

身近な事件や裁判などを題材にして、法の役割や法解釈を学びます。人文科学や政治学、経済学など多角的視野から法を考え、各法が生まれた背景や理由、現在の法の問題点などについても考察します。

広く深い社会的視野と教養に根ざした法学の教育・研究を通して、論理的な思考法を身につけ、社会に貢献するリーガルマインドを持った人材を育成します。

政治学科

政治学科

入学定員160名

急速なグローバル化が進むなか、国際社会や国内で起こるさまざまな課題を政治に関連づけて学び、より良い未来のために何をすべきかを探究します。

社会と密着した学びを通して、今起きていることを的確に理解・分析し、解決に導く方法を考え、実行する力を身につけます。

PICK UP

特修コース

法曹分野~法曹養成連携プログラム~
法曹分野~法曹養成連携プログラム~

期待される進路先
●裁判官 ●検察官 ●弁護士

関学ロースクールとの連携により設計された“法曹養成連携プログラム”は、法学部入学から最短5年での司法試験合格を目標とする文部科学省認定の法曹コースカリキュラムです。高度な法律知識の習得に加え、現役弁護士などからのきめ細かな実践的指導により、法曹としての働くうえで必要不可欠な価値観や判断力を養い、市民に寄り添う心豊かな法曹を目指します。

企業法務分野
企業法務分野

期待される進路先
●民間企業
(製造/情報通信/金融/保険/サービス業等)

企業経営、取引・契約、知的財産管理など、多方面で企業を支える法務のスペシャリストを目指します。ビジネスパーソンにとって必要不可欠となる正確な法律知識を養うとともに、企業の法務部担当者による演習型授業でケーススタディから企業法務の現場を学び、実践的な対応力を身につけます。

公務分野
公務分野

期待される進路先
●国家公務員 ●地方上級公務員

より良い社会の実現に向けて主体的に行動する公務のプロフェッショナルを目指します。社会を形成する法律・政治・経済の専門知識を獲得し、現代社会の課題を的確に分析する力を磨きます。国家公務員によるアクティブラーニングにより、課題解決に向けた政策を立案・実行する力を養います。